日本の航空産業・エアーライン
の問題点とその対策

Problem in Japanese Aeraspace・Airline
日本の航空宇宙産業とエアーラインの再生のため、
どうすればよいか

(日本の民需、防衛、宇宙産業、エアーラインの発展を願っての鶴田レポートなど)
ホームページキーパー(日本の航空業界を賦活させたいOB有志懇談会事務局

最近の関連講演会
2009-11-25 鶴田国昭 講演会のご案内 (於::航空会館  港区新橋1-18-1)  ウイキペディア−鶴田国昭
ホーム・ページ・キーパーのページへ
資料のページへ
外から見る日本、見られる日本人
日本の政治家が隠していたり、メディアが過去に報道しなかった情報のページ

YS-11の生産、販売はなぜ途中から崩壊したか、(大赤字の原因)を踏まえて、
これから、どうすればよいか
  (鶴田レポート)
 一人でアメリカに行って、一社員から、コンティネンタル航空上級副社長なった現場での実績より

 鶴田国昭の視点
No. 日付 タイトル
(翻訳は*印がついている以外は、機械翻訳のままです。
ご了承ください)
備考
2009-11月 下記のノウハウをまとめた本
鶴田国昭著「資材管理が経営を変える」ー米巨大エアラインを再建した達人が語る資材管理の極意
日本資材管理協会発行2009年11月
0A
2010-8-2追加
「サムライ 米国大企業を立て直す」の表紙とサンプルページ
0B
2010-8-2追加
「資材管理が経営を変える」表紙つサンプルページ
1* 2005-3-15
Revised 黄色部分を2009-9-17に追加開示
日本の航空機産業は、なぜ遅れをとったか(2005年現在での視点)
変更部分:当時、欠文とした部分を追加(黄色マーク部分)
輸入航空機装備品につき、日本の輸入商社、日本商社の現地法人に、暗黙のカルテルがあることの指摘(2005年現在)
2* Do Donot List
2005-05-10 アート オブ ネゴシエーション 航空機の開発のはじめの段階から、ユーザー、装備品メーカーとの間でインタラクティブな創造的ネゴが必要である
4* 2006-12-28

損なわれた日本の航空宇宙産業の復活のための反省と
その復活への方策 (英語より翻訳文) 

航空機の開発のはじめの段階から、ユーザー、装備品メーカーとの間でインタラクティブな創造的ネゴが必要である
2007-10-29 CF6は、非常に古い設計のエンジンである
2007-11-4 F−2は、とんでもなく高い、今後の調達方式を改善するべきだ
8* 2007-11-17 もの買い方 例 エンジンの買い方を例として(2008-2-28訳文改定)
9* 2007-11-20 2007-11-17もの買い方例エンジンの買い方の追加コメント
(特に、防衛省が、商社がないと、百戦錬磨の米国メーカに逆に契約価格を引き上げられると、懸念していることに関する反論)
10 2007-11-22 水増しは「マークアップ」不正、業界の慣行か(MSN産経ニュース)
11 2007-11-28 CX用GE CF6 の選定のプロセスについての疑問 通常、新しい航空機を開発するときは、試作機用のエンジンは、エンジンメーカから無償提供されるのが普通の習慣である。
11A
2010-1-17
追加
2008-3-17 航空機、装備品、宇宙機材の国際調達の購入のネゴ方法などについての実際調達講演
於:有人宇宙システム(株)
出席者、JAMSS,JAXA、三菱重工、資材管理協会、防衛調達基盤整備協会、JAMCO、komyなど
12 2009-2-13〜16
2009−2月における、民間航空機開発に関する、切々たる鶴田コメント
13 2009-9-17 2009-9-17 06:32:38 JAL がデルタとアメリカンに投資を依頼しているの件
14 2009-9-17 14:42:19 JALの件(その1
15 2009-9-17:
14:42:20
JALの件(その2)
16 2009-9-18
10:35
JALの件(その3)
17 2009-9-22 00:13

JALの件(その4)

18 2009-9-25 01-15 JALの件(その5) JALの赤字の歴史的要因 鶴田氏のインターネット上の評価
19 2009-3-22 小糸工業の椅子の耐火性の問題
20 2009-9-12 コンティネンタル航空が小糸の座席が入らないで困っている件
21 2009-10-1 小糸工業→コンティネンタルの問題がまだ解決していない
22 2009-7-22 F-22は米国42州の議員集団によって作られた欠陥戦闘機 ワシントンウイクリー誌のF22の記事
23 2009-11-5 コンティネンタル航空では、デイリー社内報で、社員の努力結果を知らせるようにしている 社員のチームによる努力成果の発表例
24
2010-1-18
追加
2009-11-25 資材管理が経営をかえるー航空空産業の未来−の講演のアジェンダ
この講演は、日本航空:JALの再建に大変役立つ講演内容です。
左記講演のDVDは、主催者:日本資材管理協会(03-5687-3477)で入手できます。
25
2010-2-3追加
2010-2-3 JALのレポートにはコンティネンタルのレポートに較べ細かな管理結果が報告されていない
このような細かいことも管理をして、発表するべきだ
コンティネンタルレFOR THE QUARTERLY PERIOD ENDED JUNE 30, 2009ポートの写し
26 2010-2-5 ジャーナリスト日向たけるさんからの質問と鶴田国昭氏からの回答
27 2010-2-8 コンティネンタルの例ロードファクター80%その他のオペレーション結果をを見習
28 2010-2-9
適正購入価格オーディットの例(米国)
日本ではオーディット(監査)と言えば、バランスシートの左右、費用項目が妥当であればOKとなっているが、左記のオーディトの考え方は本来あるべき姿であり、日本の監査もこうするべきです。
29
2010-3-23
追加
2050-2月
復活の鍵は”Working together"だ
雑誌2005年2月号より

30
2010-7-15
追加
2010-6-28 MROとPMAについての日本における、とんでもない誤認識について 左記の視点、考え方は、民間エアーラインだけでなく、防衛省の航空機のオペラビリティーの向上にも役立ちます。
31
2010-7-27
追加
2010-7-21 日本の政策と経済について 1965に、アメリカに割ってから現在の日本をみると何が見えるか
32
2010-7-27
追加
2010-7-22 日本人の責任逃れの文化
33
2010-7-27
追加
2010-7-24 政治および経済のグローバル化においてリーダーの能力について
34
2010-7-27
追加
2010-7-25 JAL61機の売却
35
2010-7-27
追加
2010-7-25 JAL2010-7の再生計画
36
2010-7-27
追加
2010-7-26 日本の政府のローコストキャリヤに対する考え方がおかしい
37
2010-7-27
追加
2010-7-26 About Low Fare Carriers/ローコストキャリアーについて(日、英文)
38
2010-7-27
追加
2010-7-26 About Low Fare Carriers (in English)
39
2010-8-4
追加
2010-8-2 ボーイングのサプライヤーの問題
40
2010-8-4
追加
2010-8-2 ANAの低料金キャリアー
41
2010-11-27
2010-11-9http://dtcn-wisdom.jp/2010-11-9.pdf 2010-11-9に、内閣府において、本一覧表のNo.1'2005-3-15鶴田レポート:日本の航空機産業は、なぜ遅れをとったか(2005年現在での視点)の証言をしました。

その時のアジェンダは下記で見れます。
http://dtcn-wisdom.jp/2010-11-9.pdf 
これには、日本国の行政がとらなければならにばならない、その対策(案)の提案の写しも入っています。
お申し出があれば、あればその時の鶴田氏の発言ビデオを当ホームページキーパー提供できます。

この中にホームページキーパーの発言内容も入っています。
(ホームページキーパーの連絡先は
esaki@dtcn-wisdom.jp です)
42
2010-12-6
追加
2010-11-17

2010-11-17日本の航空行政の問題、とるべき対策、心配なこと 

43
2010-12-18
追加k
2010-12-18 2010-12-18
ローコフェアーキャリヤー構築の意義についての危惧
44
2010-12-27
追加
2010-12-27 2010-12-27
福岡空港野滑走路に誤って入る