English Index English detail
Wisdom management methodology
意思決定・判断のメカニズム 知識を知恵にかえる方法
Knowledge toWisdom
ミッションステートメントの書き方
SOW(Statement of Work)の書き方
PM SE WBSの関係

営業のカオスからの脱出
につき答えます
DTCN日本語トップ DTCN/DTC手法 日本語詳細 効果と効率の違い
問題と課題の違い

年賀状
Escape from chaos
Originated and developed in Japan
copy right
Wisdom management Methodology,
Advanced Project Management methodology
DTCN/DTC Project management method
Method for creating Wisdom from Knowledge
Breif explanation as a entrance by 26 pages
Michihiko Esaki Ph.D.Originator .
What you can do, what had been done with methodology. Click here

The contents are
Decision making and judgement mechanism by information of difference
Method to have the visible consensus among people concerned
Method for changing Knowledge to Wisdom
The method for Wisdom accounting
How to connect knowledge management with wisdom mangement

Thinking and its procedure for Design to Customers' Needs
Thinking and its procedure method for Design to Cost

Integrating Mehod for combing creation and managemnt methods


Solve the problem and realize the subject, by replacing ploblem with the Subject,
Structure of method

-The mechanism of decision making and judgement by information of difference

-PMD Method
-The steplist method

-3-5 improvement mehod
-FBS Method
-WBS phasing theme technique
-RO method
-Implement document method
-Method for changing Knowledge to Wisdom
-Wisdom accounting Method
-Thinking and its procedure for Design to Cost

-Thinking and its procedure for Design to Customers' Needs
-Integrating Method for combining Creation and Management methods
Method to do what?

1. To create and identify the upper purpose (the creation of the value and improvement :to protecte the earth, to create the customer and satisfy the customer.


2. What you can do?
  
@ You can make the full use of method characteristics such as the method of the creative technique (the kJ method, NM Metod and TRIZ method) and Quality function development (QFD), Taguchi method, Project management and the quality control ,Knowledge manegment and Accouting method in seamless wisdom process.
A You can create the visible consencious among the people(stake holder) concerned, the clear project scope in a smart shape, the reasonable and faultless input-outoput project phase deviding, and at same time, you can create the optomozed living system structure by cordinating with system engineering mehodology and with reasonable WBS techinique
B And also you can have the budgetal support by method of wisdom accounting !

3. How can you use at what kind of scene?

 Scene : in a scene for cost reductions, value improvement, project management, administrative reformarion, the consistency check of the contents of the law and its relationship, and in the process of creativity education

 How : To have the same consensious and same view of value by respecting each back ground
to change Knowledge to Wisdom in a extentof phisicsly realizabele
to create phased stepwise prpceduere to realize the above
to create the most valuauable and optimized objective thing or system structure under the most valuiable and optimized consensous
to organize organization structure to realise the above

4. The difference from conventional methodology
by having the co-exsitence and compliment with other excellent methodologies, we can
  
be able to have the same consencious among people concerned in visible form
  
be able to connect and put together the excellent technique in relation of input-out put
.

be able proceduriztion the conventional concept tinking or policy and so far

What must be done when you want use these methodologies
The neccessally conditions, in order that you can use these ethodologies.

It is entirely neccssary that you

1. refer the source and authority according to international copy right law、so you can use these methodologies at free cost

2. sent the full copy or partial of your article to the originator

Adress is esaki @dtcn-wisdom.jp or attention to
Dr. M.Esaki Nagara miyaji-machi Gifu City,Japan , 502-0053
: tel +81-58-231-9287


 When you want learn more

@ If you provide our couple stay fee and interpreter, gradly want to visit your government or university.
A It is very happy if we can have the colleague to re-translate the contents to comprehensive expression
in your language for easy understanding of your people.


3. The author can povide you the two hour DVD disc and text in Japanese

Above of this line is the front page of DTCN/DTC Web Site
Wisdom management methodology Key index: Click each box for more detail .

How to get Book QFD, VA/VE, DTCN/DTC, methodology relationship of Design to Customers' Needs What is Value and Value Direction Wisdom management Method for changing Knowledge to Wisdom Abduction , Verification,
Evaluation and Decision
Seeds and Needs creation Call for colleague
Book contents
Decision mechanism, by Information of Difference QFD, PMD, TRIZ,VE/VA, Taguchi-Method, DTCN/DTC, Link comination Design To Cost, procedure
for
PMD training sheet Wisdom management Accounting Escape from Chaos What is Evaluation How to get DVD Michihiko Esaki, originator

English English detail 日本創造学会
日本語
インデックス
日本語詳細

カオスからの脱出

日本で開発された
知識から知恵を創りだす方法 と その歴史
ウイズダムマネージメントの方法、
新プロジェクト管理の方法、
DTCN/DTC手法

(Design to Custmers' Needs/Design to Cost)

この方法の超要約版) (方法の全貌内容方法の全貌内容:英語版

何ができるか、何ができたか、何に使えるか

目標値設計(コスト、性能、顧客要求)にも,  営業のブラックボックス
カオスからの脱出に使える
入門編の本の入手

考案者:江崎通彦、博士(学術)
著作権:コピーライト日本語  Copy Right in Englisshu

KJ法NM法につぐ創造技法と評価されています
(KJ法とNMほうとの関係について)
どんな構成

KJ法、PMD,NM法、TRIZ、QFD、田口、VE,プロジェクトマネージメント、QC,などを連結する方法といわれているが
 
このプラットフォームはどんな手法構成か

1.差の情報による意思決定のメカニズム
2.PMD手法     
3.ステップリストの方法   
4.3−5インプルーブメントの方法    
5.FBSの方法           
6.WBSフェージング・テーマ・テクニック 
7.RO (ルート・オーガナイジングの方法 
8.実施計画書の方法   
9.知識を知恵にかえる方法
10.知恵を創り出す管理会計の方法(河合龍憲考案)
11.デザイン・ツー・コストの考え方とその手順
12.デザイン・ツーカストマーズ・ニーズの方法
13.上記および、他の創造と管理の方法を統合する方法

応用篇
1.何をしさえすれば、評価をしたことになるのか。
2.何をしさえすれば、仮説設定、検証,評価をしたことになるのか
3.何をしさえすれば、問題解決と課題実現の共存ができるのか

何をするための方法か

1.何をするための上位目的 (価値の創出と向上)
  地球を守り、顧客を創造し、顧客を満足させる ため

2.何ができるか

@  今まで開発された、創造技法(
KJ法、NM法、TRIZ)品質機能展開(QFD)、プロジェクトマネージメント、品質管理の方法、ナレッジマネーントの方法などの特徴を生かし結合、知識を知恵にかえる方法を使って、統合化し、シームレスに使えようにできる。(統合手法
A 従来のプロジェクトマネージメントの方法の上流に必要な、関係者の価値観合わせ、プロジェクトスコープ、合理的で落ちのないインプットとアウトプットのあるフェーズ区分の設定を、コンパクトに創ることができる。(統合手法
B プロジェクトマネージメントとシステムエンジニアリングマネージメントを同時並行で、バランスよく進めることができる(PMとSEの関係)(統合手法
C 「評価をするということは、何をしさえすれば評価をしたことになるのか」の理解とその実質内容ができる。
D WBSという言葉につき、従来混乱しているが、その本質的なその創り方、使い方の整理ができる。

3.どういう場面で、どう使えるか

 場面:@ コストダウン、価値向上、プロジェクトマネージメント、行政改革、法律の内容、関係の整合性を整理する場面、創造性教育など
 A 営業ツールとして,例えば、RPF(Request for Proposal)を的確に創ることのできない顧客のため、それを顧客と一緒になって創って差し上げる営業ができる。(特にソフトシステム営業のプロセスがブラックボックスの場合)論文 パワーポイント

 どう使えるか: 関係者の知識を、知恵にかえ、物理的に可能なことを実現する。(この中には関係者の価値観合わせ、対象物件の構想・構成創り、それを実現するための手順創りりを同時に進めることができる

他の方法と比べ、どんな差と関係にあるか
  従来の手法の優れたところを結合することができる。
  関係者の価値関係者の価値観合わせが目で見る形でできる。
  段階的な評価、意思決定、それの基づく作業割付ができる。(
PMとSEの結合、共存
  優れた手法を、つなぎ合わせ、それをプロジェクトの中で位置付け利用できるようにする。
  従来概念であったことを手順化できる

この方法を使いたいとき、どうすればよいのか




1.出典をを明らかにすれば、無料、(著作権法に従います)

2.出典は、すでに出版されている本、もしくは、このホームページに付随する  URLの番号と引用の日付 で引用すること
3.この方法を引用した、方法や、出版物、成果報告、論文もしくはその該当 ページの写しをを考案者宛て送ってほしい。esaki@dtcn-wisdom.jp 宛て。

この手法を習いたいときはどうすればよいか
1.公開講習会を、時々やっていますので、それに参加してください。
 PMAJ 公開講座案内

2.特に、特別に、習いたい、教えてほしいときは、まず、あなたの電話番号住所の書いたメールを、esaki@dtcn-wisdom.jp 宛てに送ってください。住所はこちら

3. 教育用ビデオを差し上げるか、来訪、または、出向き、お教えするか、共同作業で、この方法の具体的な適用展開をします(出来るだけのことをしますが、当方73歳であることもご配慮ください

知識を知恵にかえる方法によるウイズダム・マネージメント:
"知恵とは創造の結果を創りだすための、「何を、どうすればよいか」のプロセス手順である"。

 
江崎通彦 博士(学術) 2006
Wisdom management by Method for changing Knowledge to Wisdom
"Wisdom is the the process of what and how to do for creating the result"
by Michihiko Esaki Ph.D.
2006 at Japan
著作権について、下記を利用もしくは、引用されるときは必ず、どこから引用されたかを、明示することが.必要です。
日本創造学会-創造経営研究会 : 12月11日、場所、東京駅大丸9階)のご案内  (記録)
当日のテキストが必要な方は下記をクリックして下さい
       講演会の江崎通彦担当部分のテキストは、ここからダウンロードしてください
日本創造学会 創造経営研究会のページ    講演会の河合龍憲担当部分のテキストはここからダウンロードしてください
                     
知識を知恵にかえる方法による
ウイズダム・マネージメントの方法
DTCN/DTCプロジェクト管理

(Back totop)
Wisdom management Methodology
DTCN/DTC Project Management
(Design to Customers' Needs / Design to Cost)
( Back to top )
PMAJ 公開講座案内 2006/3月 by Method for changing Knowledge to Wisdom
Revised record 05/04/30 05/05/07  06/01/20PMAJ 公開講座案内改定  06/02/02創造性教育,行政改革の方 05/09/01アクセスレポート 05/11/18創造性教育 
日本語へ Officeo Wisdom Management Methodology
and Wisdom engine
and its related methodologies (Originated by Japanese 1997〜2002) up'd 20050110
技術屋、経理屋が共に判り行動できる
知恵を創り出す管理会計の方法
知識を知恵にかえる方法を使っ
創造性教育の方法
論文はここ
行政改革の一方法
首相宛て提案記録
談合防止と行政調達コストの低減その1 行革事務局宛て記録
談合防止と行政調達コストの低減その2
談合防止 同上、首相官邸宛 行政人員削減提案
Originator 考案者 Original copy right  and its supporting methodology with Method for changing Knowledge to Wisdom
Brief explanation by Dr.Esaki and his disciple
s 
知識を知恵にかえる方法 This methodology solves many problems among the conventional Project Management and other ploblem solving Methodologies
PMAJ 公開講座案内 2007/2月予定
知識を知恵にかえる方法とウイズダムマネージメントの関係 The purpose measure relationship between Method for changing Knowledge to wisdom and Method of Wisdom management
データ、情報、知識、知恵の関係 Relationship between data, information, knowledge, wisdom, new knowledge by wisdom and wisdom engine
統合手法 Integrating methodolology and flow Platform diagram
 google search Michhihiko Esaki, 江崎通彦wisdom managementウイズダムマネージメント
新プロジェクト管理の方法 Advanced Project Management Methodology
(whole contents)
プロジェクトマネージメントとシステムエンジニアリングとの関係の見解
知恵を創り出す管理会計 with Method for changing Knowledge to Wisdom
デザイン・ツー・カストマーズニーズ Another name:Thinking and its Procedure for Design To customers' Needs / Design To Cost
デザイン・ツー・コスト
著作権 Copyright of M.Esaki 1992
本の入手 How to obtain this methodology book, click here
DTCN international Inc.(Eng.)
_ New information
upd'050110
_ History of methodology development
(English)
_ (Developer)Esaki's biography _ Brief and Full Methodology Pdf in English _ Old
web
site

As of 2000
Personal use
Question: Wisdom management or Wisdomless Knowledge management ?
Which will you take ?
Wisdom management accouting method
Brief explanation(temporary edition in English, see the more detail in Japanese edition)
Additional comment to society using thinking and methodlogy shown above
For foreigner:バイリンガルの皆様、留学生、研究者、研究所、大学、行政の担当者の方へ:
この方法(考え方とその手順)の内容を、各国の Comprehensive Native Language textとVideo tapeまたはDVD にアレンジすることを手伝ってくださるボランティアを求めています。 (詳細手法版とやさしい入門編についてです)。 ご連絡ください。条件、手順等を相談いたしたく存じます。 mailto:esaki@dtcn-wisdom.jp?Subject=翻訳の件の申し出で
Request to contact :
@ If you provide our couple the stay fee and interpreter, gradly want to visit your government or university.    In this case, contact with esaki@dtcn-wisdom.jp
A Want to have the colleague to re-translate the contents to comprehensive expression
  in your language for easy understanding of your people.
mailto:esaki@dtcn-wisdom.jp?Subject=翻訳の件の申し出で
「ウィズダム・マネージメント」か「ナレッジ・マネージメント」のどちらを採用しますか?
知恵の出てこないナレッジ・マネージメントだけでは困りますね。


「ナレッジ・ツー・ウイズダム・マネージメント」ということになりますね。
そうするためには、
「知識を知恵にかえる方法」 が必要になります。
知恵を創りだすために、知識から知恵をどうやって創り出すかの方法/ウイズダムマネージメント方法を知った上で
知恵を創りだしやすくするため、よく整理がなされたナレッジ・マネージメントをすることが必要になります
そのためには、まず知識を知恵にかえる方法/ウイズダム・マネージメントの方法を身につけることが必要です
誰も気づかなかった 知識を知恵にかえる方法(日本人が考案)とその関連手法による
Go to English version ウイズダム・マネージメント を使うことになります
広義の情報、データ、情報(information)、知識、知恵、知恵による新しい知識、ウイズダム・エンジンの関係
ウイズダムマネージメントの方法は「知識を知恵にかえる方法」と下記の方法を使いその適用範囲を広げる方法です
知識を知恵にかえる方法 (江崎通彦、井波利彰)
2000
新プロジェクト管理の方法(DTCN/DTC手法)
第2版(予定案)全内容)      DTCN手法の評価
従来のプロジェクトマネージメントから見た問題解決の要点
別名:デザイン・ツー・カストマーズ・ニーズ/ デザインツー・コストの方法
(考え方とその手順) 
著作権 江崎通彦、1992
この本の中に出てくる興味ある挿話を見るためには、はここをクリックして下さい
この詳しい内容の本は http://www.ascii.jp/books/detail/4-7561/4-7561-2980-3.html 入手できます
この本が出版されたあとで、書かれた他に例のない新しい論文、解説の追加付録G以降は、ここをクリックをすれば入手できます
目次の中にある論文の例:「評価をするということは、なにをしさえすれば評価をしたことになるのか」
上記の方法を利用して、従来、あいまいな概念であったこと、問題であった分野の問題を解決することができる論文
この方法で、従来のプロジェクト管理の方法だけでは解決のつかなかった問題点も解決できるようになります
上記を支える創造技法、管理技法をつなぐ統合手法のプラットフォームとその流れ(統合手法の論文)
適用範囲を広げると、TQC を越える
創造技法、管理技法、管理会計手法をつなぐ自律的な統合手法
QR/WECQDRの方法 になります。 

詳細はここをクリック
更に、世界ではじめての、
技術屋と事務屋が一緒になって会計を認識し、共創、共行動のできる、新しい方法
技術屋もこれならわかるという管理会計の方法
これにより、実質と一致した会計の中身、意味するところの見方、考え方、両面の利用の仕方がよく解るようになる
知恵を創りだす管理会計の方法
全体要約pdf Rev10  
河合龍憲           歴研究歴
要約解説版および第2版出版の出版社募集中
上記の考え方、方法を背景にした新しい世界に関する現在のコメント
DTCN
インターナショナル

inc.Japanese
何に使えるか 手法最新情報
(Japanese)
upd050110
_ 開発の歴史
(参考資料)
_ 代表者
江崎通彦
 経歴書
江崎通彦の先祖
_ 本のカタログ
目次、方法の全貌
(Japanese)
_ 旧ホームページ _
個人使用
_
  Since 2005/1/1
このホームページとその付録ページを公開する目的は、ここに示されている方法(考え方とその手順)を使って、地球を救い、合わせて世の中をよくしていくことを目標としています。
そのためにあなたにできることを提案するとともに、このホームページを引用して下さることを願っています。
例えば、あなたが提案できることを、行政や企業に説得するために、これらのホームページと著作権者を引用して戴けば幸いです。
著作権  江崎通彦 2005/1/20  esaki@dtcn-wisdom.jp
参考事項:新中等練習機に関する記録写真 江崎通彦の先祖 
dtcn-wisdom 掲示板

この掲示板の目的は、「知識を知恵にかえる方法」をはじめとするDTCN/DTC手法シリーズの方法を使って、世の中をよくしていこうとするものです。そのために、役に立つ意見、提案、私はこうすると言うコメント、コミットメントを書き込み、具体化への入り口創りをしてください。